本の本展!

先日ブログに書かせていただいた”さんぽ日和 福岡編”
d0147054_18381714.jpg

実は来る明日、 ”本の本展”にて、すこーしですが、”さんぽ日和 福岡編”を

置かせて頂くことになりました!



”本の本展”とは・・・

konya-gallery 1周年企画 & ゲストキュレータープログラム vol.1
「本の本 展 本を愛する本の物語」 

ゲストキュレーターとして、「絵本カーニバル」のプロデュースでも知られる
九州大学特任教授の目黒実氏を迎え、深く愉しい本の森へといざなう空間をつくりだします。
本をテーマに語られるとき、その内容やジャンルが話題に上ることが多いですが、
本の歴史、産業構造、印刷技術、使われている紙自体、しおり・・・など、
その周辺を含めた『本』自体を見つめ直してみてもおもしろいのでは?
という思いからはじまった展覧会。
「本にまつわる本」が400冊近く展示されます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  天地からそして海からも森からも。
  過去から未来へ、科学から空想へ、時間と空間を越えてあらゆる世界へ
  私たちをいざなってくれる、本。
  本をこよなく愛する人々ーそれは無限の世界へと冒険を続ける新鮮な旅人です。
  「本の本」は、そんな本の旅人たちが綴った旅の手記であり、心の物語であり、
  オリジナルの地図です。
  さぁ、表紙をめくり、美しい扉を開け、栞とともに、本の本の世界へ!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:2009年11月14日(土) 〜 12月13日(日) 12:00-19:00 ※水木休み
場所:konya-gallery(中央区大名1-14-28第一松村ビル 紺屋2023 2F)
   ※観覧無料
監修:hact(白兎) 目黒実(九州大学)& 山下麻里(デザイナー)

内容:
 ・本の本(詩にまつわる本の本、恋についての本の本、本屋さんが書く本の本、
      本の歴史の本、本棚の本、本のデザイン(装丁)の本、
      編集としての読書の本、出版社が出す本の本)
 ・河合隼雄・長田弘『子どもの本の森へ』で紹介されている本
 ・さまざまなしおり            ※いずれも予定

協力:荒井良二、内沼晋太郎、石風社、田中一彦、広松木工株式会社
主催:紺屋2023トラベルフロント

○関連企画

11月28日 
 18:00〜 トークvol.2「子どもたちの本はどこからきて、どこへ行くのか」目黒実、山下麻里
   /¥1,000-(1ドリンク付き)
 20:00〜 アフターパーティー/¥1,000-(1ドリンク付き)
   ※上記ともに事前申し込み制 当日参加についてはお問い合わせください。

申込先:トラベルフロント
    t & f 092-984-6292 



と、ながーーーい説明になってしまいましたが、こんな展示が大名のkonya-gallery

で行われています。

ちなみに上記の”デザイナー、山下麻里”は私の妹なんでーす★

おもしろそうなので、(まだ、私行けてません〜!)

みなさんも、ぜひぜひぜひ、行ってみてください!

いちはやく?"さんぽ日和 福岡編”にも出会えるかも!

12月13日まで開催しております〜〜



”本の本展”についてのもろもろ・・

広松木工ホームページ→http://hiromatsuworks.petit.cc/banana/

ブックオカ     →http://www.bookuoka.com/diary/item_371.html






Photo Nagiホームページはこちらです →http://www.photonagi.com

Photo Nagi代表ブログはこちらです  →http://photonagi.blog59.fc2.com/


Photo Nagi

福岡市中央区平尾1-7-16稚家洛(ちから)ビル1F

Tel 092-533-9340 Fax 092-533-9341

Mail info@photonagi.com
[PR]
by yamayama-photo | 2009-11-27 19:01 | PRESS


<< かわいいふたり★ 今日もかわいいの撮れました〜☆ >>